スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「持ってけ泥棒」

 久しぶりに「吹き溜まり居酒屋」に行きました。
Feb.14, 2009
 「持ってけ泥棒」状態でギリギリチョコが置いてありました。もちろん、いくつかのチョコを貰っております。そのうちのいくつかは「互助会」?からです。すなわち、私にチョコを贈ってくれる素敵な奥様たちの旦那様にはうちの奥様がチョコを贈っているのです。秘密のチョコですかあ・・・秘密です。
 午前中は足の様子見にウォーキングに出ました。1時間歩いたのですが、あまり調子よくなかったのです。悪化しないかと冷や冷やものです。夕方からジムに行って、クロスマシン40分、これが最も足にひびかなくてカロリーが消費できる運動のようです。筋トレ、ストレッチでした。
 整骨院の先生が言っているのですが「走らなくても、心肺能力はバイクとスイムで維持されているし、足の筋肉は筋トレで維持されているので、あわてて走ることはないでしょ。ランについてはこれまでの長い経験があるのだから心配することないでしょ」ですって。
 午後はTVでアルペンの世界選手権を見ていたのですが、男子滑降は落差1000m、距離3kmですから平均斜度33%程度、最高速度は時速130kmになるとか。昔、スキー教室で直滑降の練習をしたときには50~60kmくらいのスピードは出ていたとは思うのですが、恐怖で顔が引きつっていたと思います。その教室では、高速で滑っている途中で転ぶ練習もしました。いまでは、とても許されない練習だと思います。井上恵三プロの教室でした。私がバイクで公道を走っているときの最高速度は70km+、カーブの中で50~60km程度ですが、ちょっとした凹凸の衝撃でバイクが壊れるのではないかと心配になります。130kmは想像を絶するスピードです。

コメントの投稿

非公開コメント

ギリギリチョコと言うネーミングがいいですね。
滑降は生身の人間が体験できる最も速いスポーツ、じゃなかったでしょうか?
kanrekiさんが壊れる前にバイクが壊れる?

今年も義理チョコすらありませんでしたが、そのギリギリチョコのおかげでお腹の中にはチョコが入りました。
高速で転ぶ練習。そんなのあるんですね。昔はアルペン系の選手だったのでしょうか?

そうですよ、kanrekiさんには たくさんの経験と実績がありますし、
動物の勘みたいなのもあるでしょうし・・・(^^ゞ
高速凸凹練習は、気をつけてください・・・ね。

>paraさん
「死を感じる」瞬間がある? バイクが壊れると困るので新しいバイクにしたいのです。宝くじ頼みです。

>鯨海酔狂さん
高速で転ぶときの秘訣は膝を瞬間的に伸ばすことだと教えられました。そうすれば、捻挫や骨折から逃げられるそうです。もちろん、スキーの選手だったことはありません。

>honeyさん
ついに動物にされてしまいました。まあ、妖怪よりまし?
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。