スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハード週一日目

 もちろん張り切って市のプールに行きました。200up、大嫌いなキックを12.5x8? それでプールの10分休憩。400pull、200swim,400pullから50x10ののメニューでした。最初の一歩、じゃない1本目が思いがけず速かったのでレストを10秒で回し始めたのですが、次のはレストが8秒、その次は5秒になって回らなくなりました。しっかり休んでの次の3本も同じことの繰り返しになってしまいました。7本目も速かったのです。ところが、プールサイドが騒がしくなりました。市のプールなので知的障害者がかなり泳いでいます。問題の彼のインストラクターがあわてて水をかい出し始めたのです。続けて係員たちが水をかい出したり、プールサイドを水で流したりし始めました。以前、同じことがあった時には、直ちにプールを閉鎖したはずです。こんな時のマニュアル、危機管理、があるはずです。閉鎖になる前に、プルブイを付けて50x3を泳ぎました。普段は50mではプルブイを使わないのですが、こんなスピードで泳げる自分を発見しました。結局は閉鎖になったようですが、何分後だったのでしょうか。無理矢理1.8km泳ぎました。
 スイムで忌み嫌っているドリルがあります。キックと片手を体側につけた片手スイム、それから、ドリルではありませんがバック。スイムの指導者は「キックがすべて」「50mを60秒を切らなければ相手にしない」なんて。レベルの高いところでは正しいのでしょう。あるインストラクターは「太ももの太いひとは、キックを一生懸命打つとくたびれるよ」とアドバイスしてくれます。不毛な、私にとって、練習をするよりキャッチの練習をしたほうがいいと思っています。「キックで体幹をしっかりさせよう」 なるほど、でも、スイマーじゃないので、キックでなくても体幹をしっかり鍛えられるランとかバイクもあります。
 それから腕を体側につけて、体側に腕をつけた側で呼吸するのは無理に「難しい」練習を強いていると思っています。なぜなら、私の場合は、腕で水をかいた勢いで、水をかいた側でかろうじて呼吸しているのです。まあ、できないもののひがみでしょうけど。
 バックは、必死になってキックを打たないと足がプールの底に着きます。そこまで、一生懸命になってバックをを習得する必要なない?トライアスロンにバックはありません。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

ハード週頑張ってください!

ちなみに私もサイドキック、大の苦手です、さらに私の中でのバックは「12.5m付近で鼻から水が入り途中からクロールで泳ぐこと」、が定義となっております。

No title

>kayaさん
キックとかバックが苦手でも3.8kmは泳げるのだ、と開き直っています。
kayaさん、苦手を克服して速くなりましょう?
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。