スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩けなかった完走記-ケアンズ2014

2014 cairns photo
 レースの前々日にインタビューを受けて写真を20~30枚撮影されたものの中の一枚です。地元紙の「ケアンズポスト」に記事とともに掲載されました。
 遠くを見つめながら思っていたことは「このレースを完走できなかったらアイアンマンなどのロング(3.8-180-42.2)からは引退しよう」でした。思い切り悪く但し書きとして「これまでの一年よりこれからの一年の練習が質量ともに高くこなせれば復活する」を付け加えました。
 レース前日にスイムコースで試泳しました。この写真の右から左方向に強風が吹いています。もちろん、波は高く、風に逆らって泳ぐと、全くと言ってもいいほど前に進みません。風で潮の流れが作られるようです。試泳したみんなが暗澹たる気持ちになったはずです。
032_201406141509002c1.jpg
 前日の夜は20時過ぎにはベッドに入りました。泊まっているのはコンドミニアムです。男3人。目が覚めたら0時半、次が2時過ぎ、3時少し前には起きだしました。雨が降っています。朝食のもちはフライパンにアルミホイルをひいて焼きました。スペシャルとして預けるためにアルファ米の赤飯と五目寿司のおにぎりも作りました。
 5時過ぎにはシャトルバスで街から25km離れたスイム会場に着いていました。バイクセッティング、トイレ2回など。浜辺に着くと昨日よりは波が低くなっていましたが「泳ぎたくない」海でした。試泳で海に入って瞬間は暖かく感じるのですが泳いでいると寒くなります。
 7時55分スタート。波の壁の真ん中に飛び込むようにして浜辺の波をやり過ごせばうねりの中です。まばらにしか置いていないブイを頼りに泳ぐ方向を決めるのですが、偶然のようにしてうねりの上にいなければブイは見えません。まわりの選手たちの動向にも注意しています。平泳ぎで前方確認している選手がいれば、その選手と並行して泳いだりもします。誰もがブイに向かって一直線に泳いでいると思っていますが右往左往しているはずです。2周回目になると、ようやく落ち着いて泳げるようになりましたが、3.8kmは長いのです。
 バイクスタート。雨が降っていることと、このコースは路面が粗れている部分が長いのでタイヤの空気圧は低くしました。寒くてウインドブレーカーを着ています。DHポジションでほとんどを走れてしまうゆるやかなアップダウンとフラットが続くコースです。 70kmの折り返しポートダグラスに着いた頃から足がなくなってきました。DHポジションで長い距離を走る練習をしていません。スイムを上がった時ですでに最後尾のほうだったのですが、バイクでも抜かれていよいよビリ同然になってきたようで、ひとりぼっちで走っていることが多くなりました。 最後の20~30kmくらいは向かい風が強くなってきました。ほんとうにつらい区間でした。オーストラリア人かな私の2倍くらいの腰回りの太さのおばさんとおじさんに抜かれました。体重があるほうが向かい風は有利だと言われていますが本当かもしれません。18時頃にバイクゴールをしたのですが、着替えにテントに入ると5、6人の選手がいてほっとしました。18時15分までにランに出ないと失格です。
 着替えの時間がもったいないのでバイクパンツのまま、シューズだけを取り換えて走りだしました。3周回のコースです。1周回目歩きませんでした。しかし、照明で地面に写る自分の影を見ると腰が曲がっています。気づくと腰を伸ばすようにしてはいたのですが、すぐに曲がってしまいます。それに加えて普段から左肩が落ちているのですが、大きく下がっています。0時55分までにゴールしないと完走になりません。逆算すると、キロ9分くらいで走ってエイドなどでの時間を加えるとこのペースが完走するための最低条件になりました。歩くと失格になることに気づきました。ここから地獄が始まりました。大命題は走り続けること。どんなに遅いスピードでも。チームメイトから「がんばって」と言われ、応援の人たちからは「ウエルダン」と褒められながら、歩くと同然ののスピードで前に進んでいます。歩いている選手がうらやましかった。私の場合は歩くと完走できないのです。私に抜かれた歩いている選手たちは時間内にはゴールできなかったはずです。
 3周回目に入るとコース上に残っている選手の数は極端に少なくなりました。まわりに選手も応援の人たちがいないと「歩くな」「がんばれ」と大声で自分を叱咤激励しました。周りから見れば、腰をくの字に曲げた白髪のじいさんが大声をあげている姿は鬼気迫るものがあったかもしれません。ここで歩くことは、私の25年間のトライアスロン人生を否定することになるとまで思ったのです
 残すところ数百メートルになると応援の人たちの「まだ間に合う」とポテンシャルがあがってきています。歩いている日本人選手を抜いたので、昨年のこの大会でのスピーチで「来年はブービーになる」と宣言したとおりになったのかと思いながら花道に向かいました。時計をちらっと見ると数分残っているので、両側の応援のひととハイタッチをしてのゴールでした。涙を流す予定でしたが、ゴールした興奮でそんなことは忘れていました。ゴール直後です。
cairns goal6 small
 16時間51分51秒。年代別3位でした。とりあえず、私のトライアスロン人生の首はつながりました。これからどうするかは飲みながらゆっくり考えることにします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 

コメントの投稿

非公開コメント

スタート前の前方を見つめる素敵なおじさまが、
歓喜の姿ながら、一瞬にして老いてしまいましたね~(笑)

kanrekiさんの根性を肴に、私も飲んで頑張らなくては~(*^_^*)
今度一緒に飲みましょうね~~

改めておつかれさまでした~。
毎度のことですが、本当に本当に頑張ったんですね~。パチパチパチ・・・

新聞の写真、くじらさんがアップしてたので、1ファンとして思わず印刷しちゃいました(^^ゞ しばらく休んで考えて、そして、また次へ向かうのでしょうね。みんなの希望の星ですもん。

サイン、お願いします(^^ゞ

あたし、ファンです♪

>星峰さん
玉手箱のけむりをあびたら一瞬にして老人になりました。アルコールを飲めばもとに戻ります?

>かおるさん
正直なところ、本当に頑張りました。希望のながれ星にならないようにしなければ。

>honeyさん
サインだけでいいの? 

完走&リベンジおめでとうございます。
最後のゴール、カッコ良かったですよ。
たしかにゴール時に腰が曲がっていたので、ランで相当に辛かったんだろうな、と思いました。ラップタイムを見ながら激闘ぶりを感じました。
リフレッシュしたら、次なるゴールへ向けてまた頑張ってください、ケンズEコースの誇りです。

お疲れさまでした。ネットで応援していました。
ランは数キロごとにタイムとavスピードまで表示されていました。格闘する姿を想像して、私も力が入りました。ランの後半復活した時は、kanrekiさんの執念を感じました。ライブ画面に姿が見えた時は涙が出ました。雨の中、両手を高く挙げてハイタッチしながらゴールする姿はカッコ良すぎました。何人の女性を泣かせたのでしょう?

素敵な写真と臨場感たっぶりの文章、仕事合間に読ませていただいていますが情景が浮かび思わず力が入ります!

私もいつかは…と本気で考えはじめました。

>Rintarouさん
身体はぼろぼろ心は晴れていました。

>yururieさん
涙の応援なんてありえない貴重なことと感謝しています。私を泣かせた女性の数は数知れず?

>茅島さん
仕事に集中しましょう。仕事がなくなるとトライアスロンができなくなります。

マイレジェンド!

レースレポ見て、こちらが涙が出てきました。
本当にお疲れ様でした!

近々、飲んでお話し聞かせてください(^o^)/

>にしやん
是非、飲みましょう。仕事の話があることにして?

この取材の写真、あまりにもかっこよくて勝手に載せようと思ったのですが、レジェンドに遠慮してリンクだけにしてたんです。記事もよかったですね。
アップデートの追っかけではトランジットタイムの短縮に気迫を感じました。そしてランの最後のラップがいつまでも出てこなかったんで・・・、いきなりゴールがアップされたときは心底ほっとしました。
もちろん、ゴールするの早すぎやんと独り言で突っ込みましたが。

>くじらさん
最後のほうは、いつもだよとの突込みはなし、頭がぼけーっとしていて時計を見ながら経過時間と実際の時刻を混同していました。私の計算では制限時間3分前にゴールしました。

感動しました

おめでとうございます。またお疲れ様でした。文章読んで感動してます。これからもますますご健勝で!

改めてお疲れ様でした。
kanrekiさんの完走記、大好きです。
「大声で自分を叱咤激励」
震えます!
自分で首をつなげたのですからもっともっとつなげましょうよ!


>トラオヤジさん
ありがとうございます。リセットしているところです。どのように練習するかを考慮中。

>paraさん
ポコちゃんにも感動してもらえる走りをしたいと思います? 

大声で自分を叱咤激励 レース中のKanrekiさんならサマになるけど、雁坂で真夜中の秩父路で大声あげてたあたしは通報ものだったろうな。
トップの写真、ほんとかっこいいです。もちろんゴールシーンも(^o^)/

>ちょこランさん
雁坂だとくまが通報したかも。危ない人間がいると。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。