スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入水位置

 クロールでの手の入水位置のことですが、肩の延長線上より内側に入れてはいけないことは誰でも知っているはずです。私も絶えず意識していることです。しかしながら、先週の金曜日に河原コーチに内側に入っていると指摘されました。自分の感覚と実際の隔たりを指摘されたのです。これって、スイムだけではなく毎日の行動でも同じ事態が起きているのではないかと不安になります。怖い話です。
 ということで、今日のスイムは入水位置の修正に終始しました。なぜか疲れてしまって1kmでやめました。コーチに外側に入水して腹のほうにかくようにと言われたのですが、実際に試してみると、腹のほうにかくのは難しいのです。昔のS字のかき方のように無理があるように感じます。当面は、自分が正しいと思っているかき方、真っ直ぐ後ろに向かってかくことにします。真っ直ぐかいても上から見れば、身体がローリングするのでS字のように見えるはずです。
 このようにスイムでもラン、バイクでも、改善するヒントにしがみついて頑張るのです。あらゆるスポーツで始めてから7、8年後にピークになるとの話があります。真偽の程は分かりませんが、その頃までは、同じ練習を続けていても進歩するということだと思います。20数年も続けていて同じことを繰り返していても進歩、あるいは退歩をとどめることは出来ないでしょう。絶えずなにか進歩の種を自分で見つけて実践しないとね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

20数年も続けられている事が、ある意味進歩だと思います!
私もランニングフォームを綺麗にしたいと思いながら走るものの、指摘してくれる人もいないので毎回試行錯誤ヘンテコランになっていると思います(笑)
あ、そんなに飲んでいないと思っていたのに朝起きて空き缶の数を見てゾッとするのも自分の感覚との隔たりでしょうかね…(゚∀゚ ;)タラー

>たこぽんさん
朝起きて缶ビールの缶を数える「ひとーつ、ふたーつ・・・」恐ろしい光景です。

優先順位を

ストロークラインの改善には、筋力の強化が必須だったりもするので、人によって向き不向きがあるような…キャッチの位置は、筋力をつけないと変えられないので、もし未了であれば、プッシュの強化のほうが取り組みやすいかな、と。私の知っている、大人になってから水泳を始めた人の教室では、体が硬いことを前提に、プッシュとローリングで長距離を乗り切ることを教えています。肩関節が比較的柔らかい私には合わないと想って、早々にやめてしまいましたが♪

>お魚さん
ご無沙汰です。一応、今の泳ぎ方、キャッチを重要視する方法を意識しています。プッシュとローリング、うーん、考えてみます。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。