スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内出張

 今日は8時過ぎにブチョウさんに社用車で家に迎えに来てもらって500kmの出張でした。主目的はアジアのある地域の代理店を探しているのですが、その候補の会社との初顔合わせでした。候補の会社が扱っている商品と取引会社が、我が社(?)の製品を使用している、あるいは使用する可能性のある会社と重なるかどうかがポイントになります。相手側は自分のテリトリーで扱って利益をあげられるかを考えます。こちらは、我が社の製品を現地の駐在員が売り込んでくれるかどうかを予測する必要があります。まだ、お互いの考えがかみ合わないままで顔合わせは終わりました。最初にうまくいかないほうが後になって成功するケースが多いので気にしていません。
 まず、中央道を塩尻まで行って、「高出」の交差点を右折したところにある会社に行きました。東京-糸魚川のバイク294kmの大会に出場したことのある人にとっては重要な交差点なのです。私は10回くらい出場していますが始めて出場したときに、この高出の交差点を直進して伊那谷、名古屋方面に行ってしまいました。15分くらいでミスコースに気づいたのですが、ずーっと先まで走ってタクシーで1万数千円を払った選手もいます。右折して松本方面に行くのが正解です。
 塩尻峠を松本側からのぼって諏訪湖畔へ。手打ちそばの昼食です。中もり225gです。
 002_20130808220900fd6.jpg     001_20130808220902265.jpg
 それから主目的の会社で打ち合わせを終えてから安曇野にある会社を2社訪問しました。1社はなくなっていて、その敷地に新築の家が数軒建っていました。穂高駅近くにはわさび漬けの店がたくさんあります。
 004_20130808220857072.jpg
 長野道に戻る時に「重柳」の交差点を通りました。この交差点も、東京-糸魚川のときには右折しなければいけないポイントなのです。東京-糸魚川は途中5ヶ所のチェックポイントがあって、そこでチェックを受けることが義務なのですが、それ以外は推奨コースはあってもどこを走っても失格にはなりません。しかし、294kmの道順を覚えるのは至難の業です。そのほかにも懐かしい場所がたくさんあったのですが、走った人にしか分からないことなので割愛します。
 今日の家へのお土産は、諏訪の塩羊羹、穂高のわさび漬けとなすのからし漬けです。ブチョウさん、お疲れ様でした。
 009_201308082208558cc.jpg
 もし、東京-糸魚川に興味のある方は、リンクしてある完走記をちらっと読んでみてください。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。