スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私の秘密」

 昨日のブログのお魚さんからのコメントです。「Kanreki さんの泳ぎ、傍目でちらっとですが、下半身沈んでるな。筋肉が重いとは思いますが、河原コーチが説明するような感覚で、お尻を持ち上げると、上半身は自然に沈んでうまくいくと思いますよ」 このことが私の最大の課題だと思っていますが、私の歴史を聞いてください。
 小、中、高と小太りで、高校の時の体重は72kg、短距離はクラスで2、3番目くらい、長距離はびりから2、3番目くらいでした。小学4年の頃だと思いますが、保健婦のおばさんに体重の割に胸が薄いと言われたことがあります。体重の割に筋肉が不足してしていることを指摘されたのです。このことが、60年以上過ぎた今でも当てはまってしまうのです。
 働き始めてからスキーとかテニスのような瞬発系のスポーツに夢中になった時期があって、ある日、自分が苦手な長距離に挑戦しようと思ったのが間違い?の始まりでした。40歳の頃、青梅マラソン10kmがランの初レース、48歳の時の小豆島トライアスロン(51.5km)がトライアスロンの初レース。それからトライアスロンを続けているのですが、体重に筋力が追いついていないのは小学生の時と同じです。バイクの上りが遅いこと=体重に比して筋力不足、スイムで腰が沈むのは、いろいろな改善の方法があってそれを試しているのですが、結局は「腹筋不足」、もしくは腹筋の使い方が不十分? 今もって「腹圧を入れる」が腹を膨らませるのか、へっこませるのかが分かりません。テクニックでは越えられない壁があるのかなあ、と悲しんでいます。
 今の体重ですが、日曜日の脱水の時に70kgを切っていましたが今日は72kgを越えていました。


にほんブログ村
 

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど、kanreki さんの泳ぎはベースがTI なんですね!それなら納得です。ミックスは無理なんて、失礼でしたね。ごめんなさい…
私自身は下半身が沈んでいると指摘されたことはなく、逆にお尻が浮きすぎと言われるくらいですから、kanreki さんの悩みはきっと理解できてないんでしょうね。でも、私が思うに、お腹に力を入れるというのは、お腹を水面のほうに持ち上げるというイメージです。持ち上げるから浮くのです。

>お魚さん
TIをベースにするほど知りません。クロール以外はケンズでもプールの半分くらいでやめてクロールにしています。息があがってしまうのです。平泳ぎだけは25mは泳いでいますが。
気がつくと腰を浮かすように努力してはいるのですが不十分なのです。お魚さんはお尻が軽いなんてことはないよなあ。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。