スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇

 朝早くから泳ぎました。バンドスイム(足首をゴムバンドで縛って泳ぐMスイム?)の時に河原コーチは足首を持ち上げたり押したりしてくれたのですが、あきらめて?「・・・さん、プルブイを使ってください」でした。メインスイムのサークルが微妙にきつくて脱落しようと思いながらも続けて泳げる、といった感じ。疲れました。2kmくらい。今日のご褒美もアイスティーサワー(3%)でした。朝から飲んでいいのでしょうか?
 昼間は仕事したり、トライアスロンの記録の整理をしたりして、16時半頃から走り出しました。炎天下でもレースはあるので贅沢は言っていられません。小金井公園を一周して10.5kmでした。最後の方の2kmくらいは健康のために歩いていました。
 19時半開演の「ヴェローナの二紳士」(シェクスピア作)を観てきました。シェクスピアの若い頃の作品で上演されることが少ない戯曲とのことです。恋のから騒ぎのような内容でした。演出家が書いているのですが「シェクスピアの演出で設定を病院だとか近未来だとかに置きかえたり、台詞を日常の言葉に直したり・・・これは古典の現代化でもなんでもない。自分たちのやり易いように楽しんでいるんじゃねよ」 こんなことを言える演出家が出てきているのですね。鈴木忠志の「リヤ王」は病院から始まります。演出家が言うところの直球勝負の芝居の出来栄えは。途中で物語を早く進めてくれと思った時もありましたが、最後はパイ投げゲームで俳優全員が顔を真っ白にしての終演でした。
 002_20130709233430.jpg     003_20130709233429.jpg
 演劇を観に行くと渡されるパンフレットの多さに驚いてしまいます。毎日、こんなに沢山の演劇が上演されているのだ。そして、それを観る客がいるのです。毎日、違った芝居を見続けることが可能だし、これはこれで面白そうです。実際は、自分で演じる方がもっと面白いと思います。もしかすると、総観客数より演じている人の数のほうが多いかも。
 004_20130709233427.jpg


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

バンドスイム、私も初めてやったときは、なんてMな…と思いましたが、今では、やや進みづらいけど、別に…というくらいで、Mが馴染んでしまったということかな?
Kanreki さんの泳ぎ、傍目でちらっとですが、下半身沈んでるな。筋肉が重いとは思いますが、河原コーチが説明するような感覚で、お尻を持ち上げると、上半身は自然に沈んでうまくいくと思いますよ。私より筋力はあるはずだし。ちなみに、T I とケンズで指導している泳ぎは全く別物で、ミックスは、少なくとも私レベル以下では無理です。別の泳ぎと割り切って学ぶのであれば良いと思いますが。

>お魚さん
貴重なアドバイスをありがとうございます。ケンズでのミックスは大幅手抜きでやってます。今日のブログを読んでください。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。