スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多崎つくる君

 昨日は前の会社の飲み会があって休養日でした。今週はお疲れ休めなのです。今日の夜は、軽く8km走りました。もちろん、右足首にはテーピングをしています。午前中に整骨院で電気、超音波、腰とアキレス腱のマッサージ。
 思いがけなく、姉から、私の姉ですから80歳を越えています、IMケアンズへの餞別と猫のカードが届きました。うれしい限りです。
 001_20130523231058.jpg
 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(村上春樹著)を読了して斜めに読み返しているところです。彼の長編小説のなかでも最も読みやすいと思います。このことが「期待はずれ」の原因にになってしまいます。36歳のつくる君は、学生時代の一時期は毎日1kmから1.5km泳いでいました。小説が終わってからふたつの謎が残されたままなのです。いつ続編が出版されるのか分りませんが、早く読みたいものです。
 著者が言うところによれば、この小説は「ノルウエイの森」と同じくリアリズム小説とのことです。確かに「1Q84」のように異次元の世界は出てきません。きっと、海外では高く評価されない?


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

お姉さまのカード、かわいいですね。コメは手書きなのでしょうか?
もし既製品だとしてもいいセンスで、素敵なお姉さまを感じさせます。
つくる君、読み易いのなら私のような村上春樹初心者でも大丈夫なのでしょうか。
おまけですが、うちのkanrekiさんのコメントファンは・・・、
男性でした。ちなみに30後半の独身です。

>cujiraさん
この猫とショウユの色合いは違いますが似ています。
春樹初心者向けです。でも、これでがっかりしないでください。男性でも大歓迎です。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。