スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談


にほんブログ村

 特筆することもなくて。
 朝スイムには行きました。昨日の右手入水の特訓の成果が出ました。右手の入水を直せたのでしょう。今日は左手を直されました。2.1kmくらいは泳ぎました。メインは400x2+200でした。6名が10秒おきにスタートするので100mも泳ぐと先頭に追い付かれてしまいます。一回追い抜かれるとしばらくは無事なのですが、落ち着いて泳げないのですが休めます。苦を求めてスクールに行っているわけではないので、これも「あり」。
 スイムスクールまでままちゃりで片道20分くらいかかるのです。2006年にままちゃりに乗っていて、夜10時頃自動車にはねられたことがあります。私が酔っ払い運転だったと思って喜んでいるのは誰だ? 相手側が100%悪かったので、ままちゃりは新しくなりました。その時は、救急車で日赤に運ばれたのですが、強度の打撲傷と擦過傷だけでした。脳波の検査はしなかったなあ。それが今のもの忘れの原因? 閉話休題、そのままちゃりのサドルがへたってきたので高さを1cmあげました。そうするとお尻のサドルへのすわりが良くなりました。トライアスロンバイクもサドルの高さは標準より1cmくらい高くしてあります。
 サドルを高くするとトルクを掛けやすくなる、低くすれば回転をあげやすくなる、と言われていますが、私の場合はお尻のサドルへのすわりが良くなったのです。
 今、世界アルペンがオーストリアのシュラドミングで開催されています。滑降を見ながらバイクのDHポジションと同じだと改めて思いました。当然なのですが、滑降(OWN ILL)の真似をしてDHバーを作ったのですから。昔、滑降の真似をした時に、ストックをわきに抱えて手を前に出してDHポジションにするのですが、コーチから両手首を内側にひねるように言われたことを思い出しました。今度、バイクで試してみます。

コメントの投稿

非公開コメント

よ、よろこんでませんから(^_^;)
って、完全に誘導尋問にかかってしまいましたが(笑)
しいて言えば、物忘れの原因を思い出せて良かったなと…
逃げろ~!!!(笑) 

以前は仕事仲間とママチャリレースに良く出てました(ロードバイクに乗りだしたのもママチャリレースがきっかけです)。ママチャリレースは同じ車両を体格が異なるメンバーで乗り回すため、サドルポジションが問題になってきます。自分は一番背の高い方なので、低い方に合わせられると、ペダリングが疲れてしまってしょうがない。パワーが掛けられない上に、めちゃくちゃ脚が疲れます。

レースのレギュレーションによってはサドル高の高さが厳しく制限されているケースもありますが、僕らが良く出ていた千葉の茂原のレースでは改造も緩くて、見た目はママチャリでもクロスバイク並みの軽量な車両が上位チームでは当たり前でした。タイヤは車いすレースのものを流用したり、ギア比ももレース会場ごとに変えたりします。サドル高も自由だし、ロードバイクのサドルを付けているところも少なくありません。ピットワークでサドル高を一瞬のうちに変えてしまうチームもいて、鮮やかな手際にいつも感心していました。

前置きが長くなりましたが、ママチャリで高負荷のレースをやると、サドル高の大切さを思い知らされます。たかがママチャリ、されどママチャリ。それ以来、サドル高が低すぎるママチャリを見ると、思わず駆け寄ってサドルを上げてやりたくなります(笑)上げた方がぜったいに漕ぎやすくなるのは分かっているので。でも、そういうポジションでいわゆる「ママチャリ乗り」をしてしまうと、クロスバイクでさえ、いきなりあのサドル高で乗らされるとビビってしまう・・・個人的にはママチャリの弊害ってけっこうあると思っています。子供のうちからサドル高を下げてあの一見楽チンな乗り方をしてしまうと、バランス感覚が養えないし、体幹などの大事な筋肉も使えませんから。

え~~凄い過去があるんですね~
ん??過去を思い出した。。あ”それって○○の
はじまりかも~~~アハハ~~
ま”物忘れ症候群は加齢ですから安心しましょう~

>たこぽんさん
夜10時だったのですが、ジムから居酒屋に行く途中の交差点で青信号の横断歩道を走っているときにはねられたのです。飲んだ後でなくてラッキーでした。誰かさんも気を付けてください。

>りんたろうさん
ままちゃりレースには出たことがありません。自転車だけのレース(ではなくてファストラン)は東京ー糸魚川294kmを10回以上は出場しています。

>星峰さん
ブログもタネが尽きてくると過去の話題になってしまいます。きっと、ボケ防止になるのかも?

あの糸魚川ファストラン、10回以上も参加されているんですね。僕はまだ出たことはありませんが、昨年、糸魚川ファストランの前週に興津〜松本往復の400kmブルベで途中から同じコースを通りました。富士川沿いから諏訪湖、富士見高原、塩尻峠を越えていく、なかなか良いルートですね。真夜中の塩尻峠は0度の寒さで凍えるかと思いましたが(笑)

>りんたろうさん
糸魚川の初参加が1995年で2009年まで出ていました。のぼりが遅い私にとっては峠が5ヶ所あるコースはつらいものでした。白馬-小谷を越えてから糸魚川までの豪快なくだりだけが楽しみでした。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。