スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々老人会

 昨日の夜も老人会でした。前の会社の0Bで私と同年輩か少し若い飲み仲間5、6名が定期的に年4回くらい集まっています。一週間前の老人会は前の前の会社のメンバーで80歳くらいの人が3、4名います。この年齢差の間に加齢現象の質的屈曲点がありそうです。簡単に言ってしまうと昨日のメンバーとは話が通じやすいのです。
 ひとりは以前勤めていたメーカーの特許関係の資料を月一回まとめて提出しています。実質労働時間は月7日くらい。もうひとりはNPOでなにかボランティア、他のふたりは週に3、4回泳いでいて、そのうちの一人は乗馬もやっています。乗馬には級があって3級になれたと喜んでいました。3級になれば他人に乗馬をやっていると話してもいいレベルだそうです。この屈曲点の原因は、80歳くらいになるとなにもしていないひとが大部分になるからかもしれません。
 今日の昼間は家でごろごろ。銀行で仕事関係の振り込み、千円床屋、ジャンボ宝くじの購入だけでした。宝くじを買いながら「裏切りの国」という本を思い出しました。
 ギャビン・ライアル著の30年くらい前「冒険小説」と呼ばれていたミステリーの本です。とにかく面白いのです。他に「深夜+1」がある年のNO.1に選ばれて有名です。そう、宝くじに何百回となく裏切られ続けてきたのです。この事実は面白くないのですが。ついでながら、この本の原題は「JUDAS COUNTRY」(ユダの国)です。今回も裏切りに会うのです。
 001_20121129214824.jpg
 今晩は勇気をもって走りました。チームのラン練習日だったのですが雨が降り出す時間が不安なので自主練にしました。17時半頃になってウォーキングから入りました。軽々と足が動きます。ランは中4日の休みでした。これなら大丈夫とゆっくりですが走りはじめたら胃腸が驚いたのでしょうかトイレに駆け込みました。5kmくらい先の野川公園に入って「はけの道」をたどってはけの坂を上って帰ってきました。注)「はけの道」は大岡昌平の「武蔵野夫人」にも出てくる清水が湧き出る崖線に沿った細い道です。途中はいい加減に道を選んで歩いたり走ったりしたので退屈しませんでしたが、2時間もかかったのにキョリ測でチェックすると12kmだけでした。今日はリカバリーランですから気持ちよく走れたので満足です。これで土曜日には温泉ランができる?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。