スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快気祝い

 昨日はショウユが怠けて起こしてくれなかったので、ではなく私が怠けて朝スイムはパス。夕方になってスイムスクールのジムに入りました。ここのジムは小さいのですがいつも空いているのが取り得です。筋トレなどの器械は市のジムのほうが完備しています。いくつかの筋トレをしてからエアロバイク40分。肉離れは腫れが引いて痛みもほとんどなくなりました。しかし、ここで負荷をあげると再発するのでおとなしく回していました。
 昨日の夜のスイムは初心者向け特別講習があって「ハイエルボウ」のドリルでした。パドルやカラーボールを使ってキャッチでハイエルボウで水をとらえる練習を繰り返しました。私の場合、なるべく前のほうでキャッチしてプッシュを短くしてリカバリーにする泳ぎの中で重心が前に移り腰が浮くという副産物がありました。この感覚を大事にしたいと思いました。
 帰りは10時を過ぎてしまったのですが「吹き溜まり」に寄りました。7~8時頃は老人クラブですが、遅くなると現役の人たちもいます。おばあちゃんもいましたが。
 今朝はショウユをあてにしないで目覚まし時計で起きてスイムに行きました。昨日つかんだ感覚を再現しようとしましたが、時々だけでした。土曜日に肉離れを起こして中3日はスイムと軽いエアロバイクだけだったので、もう快気祝いをしてもいいと思っています。明日はランに挑戦予定です。
 004_20121128225205.jpg
 「イルカと墜落」(沢木耕太郎著)を読みました。NHKの取材のためアマゾンの奥地に行ったときの話です。アマゾンの未開の人たちとの接触が目的でした。途中、乗っていた小型機が墜落して怪我はしたのですが生きていたのです。この内容に興味のあるかたは読んでください。今ここで紹介したいのは、あとがきで同行したNHKのディレクターが書いていることです。沢木は未開人との接触の時、自分からは近づいていかないで、何日でもじっと離れたところで座って待っていたそうです。インタビューをもとにして書いている本がいくつかあるのですが、沢木のインタビューの長いことは想像を絶するほどで微に入り細にわたり質問をし続けるそうです。ただ、聴き上手なので相手が話すように仕向けるようです。自分から間合いを詰めていかないで、相手がそばに寄ってくるのを待って相手が話をするように仕向けるのです。私は、自分から間合いを詰めないとは思うのですが、詳細にわたっての質問をする根気はありません。仕事で面談をする時も要点を聴いたらすぐ終わりにしたいのですが、そこから延々と話を続ける営業マンは優秀だと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

偶然ながら、沢木耕太郎著の「貧乏だけど贅沢」を読んでます。
対談集面白くて・・・団塊の世代同士なので同じ場面がいろいろ出てきて共感!
聞き上手な彼と飲みながらならどんなに楽しいだろうな~と夢想してしまいます。
「街場の文体論」は私でも難しくなく面白かったです。
kanrekiさんとNOBUさんのおかげで知識欲?も旺盛になってます。
練習&飲んで突っ込まれてばかりなのでなかなか言えないこと、この場を借りてお礼?させていただきます。

>NEKOさん
「貧乏だけど・・・」は私の本です。NOBUさんと私の間では多数の本が行き来しています。「イルカ・・・」はNOBUさんの本です。スイムに集中しているようですが他の種目も忘れないでください。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。