スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初フル

 初フルは1982年(?)の河口湖マラソンでした。マラソンとトライアスロンのレースの記録がきちんと残っているのは1989年からです。ワープロを買った年です。それ以前の記録は1989年から書き始めた完走記のなかの過去の思い出として書かれているものを拾い出しています。
 1977年に会社がスポーツクラブに入会したところから、すべては始まりました。ジムのなかの1周120mのコースを10周もすれば大喜びだった時代です。1980年になって青梅10kmが初マラソンでした。その2年後が初フルだったのです。記録は4時間43分?秒でした。今から30年前ですから今より若かったのですが、もう中年でした。初トライアスロンは地元の小さな大会(0.5-30-10)で1987年でしたが、本当の大会に出場したの1988年の小豆島オリーブトライスロン(1.5-40-10)でした。
 昨日の朝スイムには佐藤優香選手(今回のオリンピックには選ばれなかったが次回の最有力候補)がトライアスロンのスイムの主流になりつつある180度泳法(キャッチアップとは逆の泳法で、右手と左手は絶えず180度の位置で動かす)を見せてくれました。その後、泳いでいると河原勇人コーチが私のお腹を持ち上げて「腰を上に」と言われました。理想と現実のギャップにがっくり。2kmくらいは泳ぎました。
 夜はジムでエアロバイク50分、筋トレ、トレッドミル30分、ストレッチ。「親父ギャグ」の居酒屋で最終バスまでの30分間だけ飲みました。ホッピー3杯、煮込み(小)とオニオンスライスだけです。
 

コメントの投稿

非公開コメント

小豆島が24年前、マラソンに至っては30年前・・・ですか。それだけ長い間続けてきて生活(人生?)の中心になっているのでは、容易にはBT(before triasron)の世界には戻れませんね。

>かおるさん
実際のところはラン1.2kmから始めて5年かけてフル、その当時でもランは人生のおまけでした。BTの戻れば、今よりずーっと豊かな生活が送れそうです。いつからATになったのかを考えてみたいと思っています。

180度泳法って、2軸泳法と一緒ですかね?
ただし、ビデオや雑誌で見ただけで、全く試したことはないですが。。。 長距離に向くってことですか?

>いわっさん
海向きの泳ぎってことじゃないかと思っています。私あたりが試すとピッチがあがるのですが疲れます。

すごいなぁ…

継続は力なり!って感じですね!
私は始めた年齢が遅いので、どこまで続くかって感じですが
身体が動く限りは走り続けたいです!
kanrekiさんもどこまでも行っちゃって下さいね~♪
あ…お酒はほどほどに!
(私が言っても説得力ないですが(笑))

>たこぽんさん
「馬齢を重ねて」きただけ? 現在のトライアスロンの80歳と78歳の強豪選手は60歳からトライアスロンを始めました。遅く始めれば遅くまで続けられます。亀は万年ですね。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。