スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

63期

 高校山岳部に在籍していたのですが、私の卒業年度は11期で今年の卒業生は63期です。私が卒業してしばらくしてから山岳部という名称がワンダーフォーゲル部に改称されました。山岳部は危険だからワンゲルにしようということでした。具体的な違いは冬山にはいかないのがワンゲルか、でも雪がある春山はどうなのでしょうか、なんて疑問はあります。現在、4期から13期くらいまでは年一回くらいの温泉旅行をしています。実際に山に登っているのは47期、35歳、あたりです。50歳も年が違う人間が集まって、山という細い糸でつながっているだけで会話がなりたつのでしょうか。私などは「無理」と投げ出してしまうのですが、歴史の継承ということでなにか企画しようとしているひともいます。横浜鉄人クラブでも40歳くらいは離れているのですから、共通の話題があればコミュニケーションはできそうです。男と女は?
 今日はこの幹事会があったので、その前にジムでエアロバイク40分と筋トレ、ストレッチをしました。会社には行きませんでした。ジムで体重を量り、エアロバイクに乗りながら考えました。このままでは、本当に太り続けてしまう、なにか新しいことを始めなくてはいけない。例えば、最も苦手な朝練。毎朝5時前にはショウユに起こされるので、そのまま走ればいいじゃないか、とは思います。

コメントの投稿

非公開コメント

男も女も年齢に関係なく、共通の話題があればコミュニケーションは取れますよ~~

山岳部=ワンダーフォーゲルだと思っていましたが、
そのような違いがあったなんて全然知りませんでした~

そうです、ショウユ君が起こしてくれるんだから早朝ランしましょう~でも痩せないよ~~(笑)

 年齢、性別、職種関係無しで共通の趣味でつながっている方々との飲み会が一番楽しいです。

 そういえば、ヤマケイJOYとかって雑誌もいつの間にか「ワンダーフォーゲル」に変わってました。たぶん、ドイツ語ですよね?でもって、 私も1kg増量の高値安定中です

>星峰さん
朝練をやってもやせないなら無理してやるこないかあ。ワンゲルは岩登りも普通はやらないはず。

>ちょこランさん
1kgなんて増量したうちにはいりません。ワンゲルってもとの意味は「渡り鳥」のはず。日本では体育会の山岳部はきついからと同好会風のワンゲルに人が集まっています。しかし、内容的にはかなり高度な山登りもやっています。

人の話を聞かんやっちゃっ!と、言われているのですが・・・
年が離れている人の話はおもしろいです。
今度、お山の話を聞かせてください。

雪女に会ったとか・・・(^^ゞ

kanrekiさんは、いろいろなところで人とのつながりを細く長く大切に維持していて、それが生きていく上で活力になっているようでいいなあって思います。

兄はワンゲルでしたが、遭難騒ぎで大学の部が新聞に載りました。ワンゲルという名にしても危険とは隣り合わせかも・・

>honeyさん
実は雪女に抱かれて凍死しそうになったことがあります、なんてことはありません。山登りは20歳ころにやめました。

>かおるさん
私自身はよく反省するくらい人間関係には冷たい?のですが、なんとか関係を保っていられるのは相手に対して悪いことをしていないからなのかも。大学のワンゲル部は体育会同様の登山をしていながらそれなりの準備、訓練がされていないと体育会からは批判されています。

ランを始めて普段はご縁のない年齢層のお仲間が出来たのですが、趣味の話は年齢関係なしですね。
と、書いてランの話より居酒屋トークばかりやってる自分に気づきました。
気楽に酔える仲間がいるといいですね。

>cujiraさん
「普段はご縁のない女性のお仲間」はどうですか? いくつかの飲み仲間グループがありますが、やはりトラ関係が回数も多いし気楽に話しています。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。