スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾出張

 今年になって2度目の台湾です。羽田空港から台北市内の松山空港へ。飛行機からの台北市内です。
 001_20110723223045.jpg
 15時に現地の代理店の20年来の友人と合流してある会社に我が社の製品売込み。訪問先の会社は、時々TVで映される大田区の町工場より小さくて雑然としているので写真を撮るのを遠慮するくらいです。その中に立派な機械が組み立てられています。日本の半値くらいでできてしまうのは不思議ではありません。
 夕食は、日本にも支店がある「鼎泰豐」で小龍包を3種類、野菜入りの蒸し餃子など、他になにを食べたかは忘れましたが飲んだのは瓶ビールと紹興酒。紹興酒の飲み方は、常温の紹興酒をレモンを絞りいれたデカンターに注いで、そこから小さなグラスにつぎ分けます。一気に飲みます。帰りにコンビニで缶ビールを買いました。
 003_20110723223054.jpg     007_20110723223128.jpg     005_20110723223141.jpg
 翌朝、7時から50分の散歩。右回りに信号にぶつかると右折してひとつのブロックを数回回りました。午前中に訪問した会社も小さいながら輸入しようかと考えるくらいの機械を製造してました。当然のように昼から宴会です。水槽に魚が泳いでいて新鮮な魚が台に並んでいます。まず、しじみの紹興酒漬け。これは、前回出張時の下痢の原因のひとつと疑っていたひとがいましたが、私は問題ないと判断しているので美味しくいただきました。刺身が出てきたのですが、同行の日本人が生ものは食べたくないと言ったのでひっこめられました。このあたりが外国での食事の難しいところで、結局は鉄の胃腸が必要なのです。一緒に飲んだ相手側の社長が酒に強くて、次の面談が控えているので酔いつぶれないように自重しました。
 016_20110723223251.jpg     015_20110723223242.jpg     014_20110723223232.jpg
 14時からと16時からそれぞれ会社を訪問したのですが、酔っていたので何も覚えていないなんてことは絶対にありません。このあたりの訓練が飲んでも記憶喪失にならない原因かもしれません。ふたつの会社で我が社の価格は高いと言われてがっくり。
 夜は、最後に訪問した会社の人たちと宴会になりました。北京料理で有名な「天厨菜館」で北京ダックを食べました。6名だったのですが1羽を食べきれませんでした。もちろん他の料理も頼みました。
 017_20110723223301.jpg     018_20110723223314.jpg
 そして翌日、午前中に1社訪問してから代理店の人たちと昼食という名の宴会をして、おおいに酔っぱらって飛行場へ。羽田に着いたのは21時でした。
 出張中に読了した本です。司馬遼太郎の「梟の城」、昭和34年刊の忍者小説です。戦後の忍者小説ブームのはしりとされているようですが、面白いうえにきっちりとした小説なのです。
 020_20110723223325.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

なんだか、食べたり飲んだりの合間にちょこちょこっとお仕事してるような気がするのですが、気のせいでしょうか・・・kanrekiさん、普段から胃腸も肝臓も鍛えているのが、こういう時にききますね。トラの練習と同じで普段の飲み食いも鍛練だったのかあ!?

本とかおるさんが言うように商談に行ったのか、
宴会に行ったのかって感じですね・・(笑)

こんな商談だと鉄の胃袋必要かもね・・

>かおるさん
飲み食いしていた時間のほうが仕事をしていた時間よりながいと思いますが、仕事は「した」のです。誤解しないでください。確かにひ弱な胃腸ですとこのような世界はつらいとおもいます。

>星峰さん
ウルトラも鉄の胃腸がないと無理な種目だと思うのですがいかがですか?
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。