スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹沢、箱根、奥多摩

5月3日 ヤビツ峠 
 丹沢にある峠で北側の宮が瀬から南側の名古木(国道246)までの間約30kmの峠道で結ばれています。標高は761mですからさほど高くないのですがそれでも高尾山よりは高いのです。自動車も通れるのですが自転車の数のほうが多いくらいのサイクリストが集まる聖地のひとつです。
 朝7時に家を出発。例のごとくショウユに4時頃起こされて餌をあげてから目覚ましをセットして二度寝しました。集合場所に集まった4名で宮が瀬に向かいました。激しい渋滞のなかを自動車の横をすり抜けていくのは神経を使います。いつもより時間がかかっていてこのままでは遅刻しそうです。11時にヤビツ峠で横浜鉄人クラブとランデブーすることになっているのです。
 宮が瀬が近づいてくると渋滞が解消されてきました。コンビニでの休憩、ヤビツ峠入口の標識から18kmの上りです。快適な上りが続きます。この峠道には自動車がすれ違うことが難しい狭い区間があるので渋滞を恐れていたのですが空いていました。路面は大分改修されて走りやすくなっていますが、それでも荒れた部分は残っていて高速で下りたくないところです。最後の数キロは急坂が続きます。喘ぎながら峠に着くと横浜組4名は到着していました。
 002_20110506162050.jpg
 彼らは待っている間に凍えてしまったようです。トイレ後ただちに246側に下りました。こちら側は道幅も広く路面もよいので快適に走れます。カーブに突っ込むスピードをどの程度に抑えるかが勝負です。速すぎれば道路から転落、あるいは上ってくる自動車に激突。大分昔に下りたことがあるのですが記憶は残っていないので安全係数を高めに見て走りました。最後のほうの直線路にはまいりました。直線の下りでブレーキをかけることはないのですが、ここだけは恐ろしくなって軽くブレーキを当てました。斜度は10%以上、時速60kmは越えていたでしょう。246手前のコンビニで集まった8名で休憩しながら歓談。日頃一緒に走ることがない仲間との話は面白いものでした。
 コンビニから246までの2kmだけは8名のトレインで走って横浜組と別れました。246経由で善波峠を越えて厚木へ。路面もよく道幅が広いので走りやすい。快調にとばして129に入って相模原、尾根幹に入って無事帰宅できました。136kmでした。

5月4日 箱根トレイルラン
 朝9時の箱根湯本発のバスに11名で乗り込みました。横浜鉄人クラブの企画です。現在の坐骨神経痛の状態では完走できないとあきらめ半分での参加でした。
 乙女口から乙女峠へ。大昔の乙女がひとり、だいぶ前の乙女がふたり、あとはおじさんばかりです。急坂をぐいぐいと登っていきます。もちろん千切れています。
 003_20110506162103.jpg
 丸山、長尾峠、ここからのエスケープルートがあるので迷いましたが続行、湖尻峠、ここで膝を痛めているひとりが下山、一緒に降りようと悩みましたがずるずると続行、要所で私を待ってくれているみんなに申し訳ないと思いながらも歩き、フラットなところとゆるいくだりは走り続けました。スピードは超ゆっくりですが一歩ごとに両ハムストに痛みが走ります。
 004_20110506162140.jpg     005_20110506162150.jpg
 海の平あたりになると足がなくなってきました。歩くこともつらくなってきたのですが、これはこのところの練習不足のせいでしょう。箱根町まで一気に下ってバス停へ。途中、道の駅のところで道路を横切るのですが、どこから箱根旧街道に入れるか忘れていて右往左往。
 006_20110506162203.jpg
 町におりてバス停までの道筋も不安のままでした。20kmくらいか。
 当初の予定通りの15時発のバスで湯本に向かいました。他の10名は早く着いた順にバスに乗ったようです。「弥次喜多の湯」であっさりと汗を流してから今日のメインイベント「おそね」での宴会でした。
 007_20110506162211.jpg     008_20110506162220.jpg
 とにかく歩き切ったことだけで幸せでした。翌日の足の調子がどうなっているかが心配でした。

5月5日 奥多摩 
 8時に家を出て3名で奥多摩までバイクのイージーライドに出かけました。多摩川サイクリングロード、新奥多摩街道、青梅マラソンのコースを走って奥多摩駅までの軽い上りしかないコースです。この程度の坂なら筋肉痛をほとんど感じないまま走れてしまいます。奥多摩駅前のそば屋で昼食。リハビリになることを祈りながら、帰りは吉野街道を走って帰宅。116kmでした。

コメントの投稿

非公開コメント

GW後半もみごとな練習日記。ランデブー・・・なんと懐かしい響きでしょう。箱根トレイルラン後、おみあしの具合はいかがでしょうか。何も記述がないところを見るともちこたえている?

ところで、ずっと前の記事でkanrekiさんが勧めていた「小さな村の物語イタリア」新聞の読者欄でもおすすめ記事が載っていたので、録画してきょう見ました。確かになんとも言えないいい番組でした。三上博史?のナレーションも流れているカンツオーネもいいですね。

>かおるさん
足の具合は今日のブログで。TVは偶然に見るだけなのですが、あのイタリアの番組は面白かった。紀行というか旅行番組は好きです。

凄いハードなGWの練習でしたね~
でも面白そう~あ”私が崩れたヤビツ峠行って来たん
ですね~またヤビツをトライして今度はつぶれない走り
をしたいものですよ~

箱根も面白そう~みんなタフだな~ぁ・・

>星峰さん
116kmと比較すればどこも簡単です。箱根の尾根筋は走りやすいのでトレランとしては別格です。ヤビツをランでという発想はありません。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。