スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイム

 スイムスクールではその日のメニューが与えられるだけで、例えば、クロールの泳ぎ方のレッスンはありません。これが普通です。時々、コーチからの指導はありますが、基本的には自分で泳ぎを改善していく必要があるのです。与えられたメニューをこなしていけば速くなるようになっているのでしょうが、自助努力がなければ速くなるのは無理なような気がします。自分の頭と身体で考える必要がありそうです。
 今日のクラブのスイム自主練では、数日前に紹介した「カンタン・スイミング」の本に従って3っのドリルを試しました。「伏し浮き」「フィッシュ」「スケーティング」なのですが、単純な動作です。腰をいかに浮かせるかなのです。新しいことに取り組む「興奮」があります。もしかしたら、もしかしたら、速くなれるかも? 
 スイムの後にはNEKOさんの佐渡完走、年代別2位の祝賀会でした。今年の佐渡のタイムは全体的に悪いのですが、とにかく炎天下の完走は頑張った証拠です。

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんだ・・・スクールなのに・!?
わたしの場合はクロールはちゃんと教えてもらわないと泳げないな~。kanrekiさんはちゃんと泳げる人たちのクラスだから・・・?

佐渡のお酒は美味しかったでしょうか?
私も無事?完走しました。
と、言いたいのですが、、、
NEKOさんからお聞きのとうりです(笑い)
kanrekiさんが居なかったからかな??? 

>かおるさん
どこのスクールもあるレベル以上になるとメニューを渡されて泳ぐだけのようです。
私の住んでいるところですと、市のスイムスクールが年何回か開かれてクロール初級、中級などのクラスがあります。スイムはあるところまでの上達は早いので楽しいはずです。

>マミさん
私がいれば、もっと熱中症になったはずです? 佐渡の酒はどこかの家に集まるときに飲もうということになりました。

わたくし・・・泳げません。
海で浮く事はできます。(今はどうかな~?)
泳ぎ方を教えてもらった記憶はなく。
1回溺れたら、泳げるようになる!が、島の掟??

NEKOさんは、やっぱり化けNEKO???

>honeyさん
島の女が泳げないなんて考えられません。海ではだれでも浮くのです。たとえ浮く場所がないhoneyさんでもね。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。