スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走ると歩くは同じ仲間?

 午前中に小金井公園4周(20km)+公園往復6kmのつもりで家を出たのですが、身体が言うことをききません。ひたすら調子が良くなることを願って6、7km、ようやく走ることに慣れてきたのですが、それが続いたのは5kmだけ、13km走ったところでつぶれまました。キロ7分半でもつらかった。つぶれたところからどうやって前に進むかはトライアスリートの得意種目? まず、歩きます。歩いていると走りたくなるのです。ランナーは歩くことを罪悪視していそうですが、それは間違っています。前に動き続けていればゴールは近づくのです。いろいろなテクニックがあります。歩きたくなったら走るスピードをあげるのもひとつの方法です。あの電信柱まで歩いたら走ろうとか、あの坂の上までだけは歩こうとか、50歩歩いたら100歩走ろうとか、五十歩百歩? 意外に歩いた後は走れるように回復しているのです。今日は、そのシミュレーションをしながら21km走りました。途中1kmちょっとは歩いたと思います。まだ、身体ができていません。
 夕方になってジムに行きました。筋トレ。少しでも今月のランの目標距離に近づけようとトレッドミルで4kmだけ走りました。まあ、筋トレの後に有酸素運度をしたほうがいいそうです。
 帰りのコンビニで「氷結ICE VODKA」を買いました。TVで宣伝していますね。青春時代を旧ソ連東欧圏とともに過ごしたのでウオッカを見過ごすことは出来ません。普通の缶チュウハイに比べれば甘さを感じませんが、ビールよりは甘いのです。この甘さが練習で疲れた身体には心地よいのかもしれません。
Mar. 28, 2010 (大)

 

コメントの投稿

非公開コメント

「歩き」ウルトラマラソンでも「あり」だと私は思います・・・ というか 歩いてま~す(汗)
 ウォッカとかジンは、冷凍庫で凍らして飲んでもおいしいですよね。 

レース中、一度歩くと二度と走れなくなる恐怖で歩いたことがないのですが、テクニックとして歩くことも覚えておいてもいいのですね。
缶チュウハイでいい甘み加減だと思うのは、昔からあるタカラの缶チュウハイです。たいてい甘すぎる感じ。ICE VODKA、ええ具合そうなので今度挑戦してみます。

トライアスリートの得意種目・・・是非コツを伝授してください。つぶれたとこからどうやって前に進むか・・それが苦手なんです。振り返ってしまう。そのコツを知ることは、生きていく上ですごうくプラスですね。きっと。

>ちょこランさん
フルで歩いたことはあるのでしょうか? 無理して歩くのと同じようなスピードで走るのなら歩いたほうがいいですよね?

>鯨海酔狂さん
不必要なテクニックかもしれませんが、歩くと復活するのは事実です。今まで飲んだ缶チューハイのなかではベストだと思います。

>かおるさん
つぶれたからと立ち止まらなければいいのだと思います。昨日は自販機のアイスクリームを食べながら歩いていました。

ずっと走りつづけるのは、しんどいです(ーー;)
坂を上りきったら、ちょっと足を止めたり・・息を整えながら歩いたり・・
すると、また 復活しますね。
時々、らびっとくんが、「はい、止まらな~い」と、ムチをくれることがありますが。。 

>honeyさん
走れる間は走り続けましょう、と一応言っておきます。
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。