スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々老人会

 昨日の夜も老人会でした。前の会社の0Bで私と同年輩か少し若い飲み仲間5、6名が定期的に年4回くらい集まっています。一週間前の老人会は前の前の会社のメンバーで80歳くらいの人が3、4名います。この年齢差の間に加齢現象の質的屈曲点がありそうです。簡単に言ってしまうと昨日のメンバーとは話が通じやすいのです。
 ひとりは以前勤めていたメーカーの特許関係の資料を月一回まとめて提出しています。実質労働時間は月7日くらい。もうひとりはNPOでなにかボランティア、他のふたりは週に3、4回泳いでいて、そのうちの一人は乗馬もやっています。乗馬には級があって3級になれたと喜んでいました。3級になれば他人に乗馬をやっていると話してもいいレベルだそうです。この屈曲点の原因は、80歳くらいになるとなにもしていないひとが大部分になるからかもしれません。
 今日の昼間は家でごろごろ。銀行で仕事関係の振り込み、千円床屋、ジャンボ宝くじの購入だけでした。宝くじを買いながら「裏切りの国」という本を思い出しました。
 ギャビン・ライアル著の30年くらい前「冒険小説」と呼ばれていたミステリーの本です。とにかく面白いのです。他に「深夜+1」がある年のNO.1に選ばれて有名です。そう、宝くじに何百回となく裏切られ続けてきたのです。この事実は面白くないのですが。ついでながら、この本の原題は「JUDAS COUNTRY」(ユダの国)です。今回も裏切りに会うのです。
 001_20121129214824.jpg
 今晩は勇気をもって走りました。チームのラン練習日だったのですが雨が降り出す時間が不安なので自主練にしました。17時半頃になってウォーキングから入りました。軽々と足が動きます。ランは中4日の休みでした。これなら大丈夫とゆっくりですが走りはじめたら胃腸が驚いたのでしょうかトイレに駆け込みました。5kmくらい先の野川公園に入って「はけの道」をたどってはけの坂を上って帰ってきました。注)「はけの道」は大岡昌平の「武蔵野夫人」にも出てくる清水が湧き出る崖線に沿った細い道です。途中はいい加減に道を選んで歩いたり走ったりしたので退屈しませんでしたが、2時間もかかったのにキョリ測でチェックすると12kmだけでした。今日はリカバリーランですから気持ちよく走れたので満足です。これで土曜日には温泉ランができる?
スポンサーサイト

快気祝い

 昨日はショウユが怠けて起こしてくれなかったので、ではなく私が怠けて朝スイムはパス。夕方になってスイムスクールのジムに入りました。ここのジムは小さいのですがいつも空いているのが取り得です。筋トレなどの器械は市のジムのほうが完備しています。いくつかの筋トレをしてからエアロバイク40分。肉離れは腫れが引いて痛みもほとんどなくなりました。しかし、ここで負荷をあげると再発するのでおとなしく回していました。
 昨日の夜のスイムは初心者向け特別講習があって「ハイエルボウ」のドリルでした。パドルやカラーボールを使ってキャッチでハイエルボウで水をとらえる練習を繰り返しました。私の場合、なるべく前のほうでキャッチしてプッシュを短くしてリカバリーにする泳ぎの中で重心が前に移り腰が浮くという副産物がありました。この感覚を大事にしたいと思いました。
 帰りは10時を過ぎてしまったのですが「吹き溜まり」に寄りました。7~8時頃は老人クラブですが、遅くなると現役の人たちもいます。おばあちゃんもいましたが。
 今朝はショウユをあてにしないで目覚まし時計で起きてスイムに行きました。昨日つかんだ感覚を再現しようとしましたが、時々だけでした。土曜日に肉離れを起こして中3日はスイムと軽いエアロバイクだけだったので、もう快気祝いをしてもいいと思っています。明日はランに挑戦予定です。
 004_20121128225205.jpg
 「イルカと墜落」(沢木耕太郎著)を読みました。NHKの取材のためアマゾンの奥地に行ったときの話です。アマゾンの未開の人たちとの接触が目的でした。途中、乗っていた小型機が墜落して怪我はしたのですが生きていたのです。この内容に興味のあるかたは読んでください。今ここで紹介したいのは、あとがきで同行したNHKのディレクターが書いていることです。沢木は未開人との接触の時、自分からは近づいていかないで、何日でもじっと離れたところで座って待っていたそうです。インタビューをもとにして書いている本がいくつかあるのですが、沢木のインタビューの長いことは想像を絶するほどで微に入り細にわたり質問をし続けるそうです。ただ、聴き上手なので相手が話すように仕向けるようです。自分から間合いを詰めていかないで、相手がそばに寄ってくるのを待って相手が話をするように仕向けるのです。私は、自分から間合いを詰めないとは思うのですが、詳細にわたっての質問をする根気はありません。仕事で面談をする時も要点を聴いたらすぐ終わりにしたいのですが、そこから延々と話を続ける営業マンは優秀だと思います。

右股関節

 ではなくて右足の内転筋の肉離れのようです。昨日あたりから右足の太ももの内側が腫れてきました。自己診断ですが、これで原因が判明しました。湿布を貼っていますが、明日あたりには肉離れしたところが紫色になるかも。
 右足を引きずりながら会社に行くとブチョウさんが富士山マラソンを4時間14分くらいで走ったとのこと。
 夜になってスイムに行きました。1.2km泳ぎました。肉離れにとっていいことかどうかは分かりませんが少し楽になったような気がしたのは、そのあとの飲み会のせいでしょう。歩いて帰りました。

危惧

 案の定と言うべきか、危惧していた通り右股関節の痛みが残っています。どのように治すか、練習をしていくか頭が痛い限りです。
 昨日はリカバリースイムでもしようかと思いながら多摩川マラソンの完走記を書いたり、ロシヤ語の予習をしたりしているうちにお昼になってしまいました。15時から1時間半のロシヤ語の後に、友人宅での飲み会に行きました。友人夫妻と私たち夫婦です。珍しい組み合わせです。この夫妻とはテニス、吉祥寺神輿などの関係で長い友達です。しゃれた美味しい手作りの料理といろいろな赤ワインを賞味しながらどんな話をしていたのかなあ。帰り道のままちゃりで転倒しそうになってそこからは引いて歩きました。朝起きてみると左頬に小さな傷があって出血のあとがありました。記憶にないのですが、並木が自分の方に近づいてきて急ブレーキをかけたときに木にぶつかったのだと思います。家に帰ってから美味しい料理とワインをトイレ流してしまいました。こんな風になるのは稀です。
 今朝はバイクの練習日なので8時半を家を出たのですが、ハンドルが落ち着きません。右股関節も痛いのです。2kmちょっと走ったところであきらめて「ドタキャンメール」を入れて家に帰って暖房カーペットのうえで寝ました。
 夕方からジムに行って、エアロバイクを軽い負荷で40分、筋トレ、ストレッチ。試してみて右股関節に響く運動は割愛しました。エアロバイクは、軽い負荷でも股関節を快方に向かわせるのかどうかは不明です。回せば多少は痛いのですが、炎症を起こしている部分の血流を良くするかもしれません。同じ理屈で銭湯で冷温浴を繰り返しました。さすがに外で飲む元気は残っていないので家で飲みました。

府中多摩川マラソン

 去年より3秒も速く!走れました。去年もひどいタイムだったので秘密にしておきたいのですが仕方ありません公開します。
   2012年  2:22:40
   2011年  2:22:43
   2009年  2:03:15
 今回が35回大会で小規模ながら歴史のある大会です。第一回と二回大会の優勝者は早大時代の瀬古選手でした。去年は駒澤大学の駅伝部が上位を独占していました。今回のハーフ出場者は約1500名で60歳以上が143名でした。
 朝、しっかりと雨が降っていました。もちろん、DNSにして家にいようかと強く思ったのですが、なんとはなしに家を出てしまいました。会場に着いたのは11時頃だってのですが傘がいらないくらいになっていました。「フル? フラレル? フラレタ? 結局はフラレナカッタのです」
 ひとりでの参加だったのですが、普通ならひとりくらいは知人に会うのですが誰にも会いませんでした。いつものように腹具合があまり良くないので朝食時に正露丸を飲んで、会場に着いてすぐ食べた昼食?のおにぎりと一緒に「ストッパー」を飲みました。小さな大会なのでトイレの行列もほとんどなく2、3回通ってすっきりとしてからスタートできました。去年は途中でトイレに寄ったのですが、今年は無事に完走できました。
 12:23にスタート。ほとんど渋滞することもなく走れます、というより私が遅くて渋滞の元になっていた? 5kmまでをちょっとつらいスピードで走りながら何分で入れるかを気にしていました。この時のタイムで今日のレースタイムが決まると思っていました。29:58。キロ6分ペースで走れそうだ。次の5kmが30:34。そこからが想定外でした。右股関節に激痛が走りました。左股関節は慢性的に痛くなるのですが右は初めてです。屈伸、ストレッチなどしてもよくなりません。ハーフにロキソニンは必要ないと持ってきていません。この頃ジムでストレッチをしていると足がつるようになっているのでクランプストップは持っていました。すぐに舌の下にスプレイしました。痛みにきくかどうかは分かりません。そのうちに右膝も痛くなってきました。明日からの練習を考えるとDNFにしたほうがよさそうだなあ、と考えながらとぼとぼと走っていました。
 15km過ぎになって痛みが薄らいできて普通に走れるようになってきました。私を追い越していくのは3分後にスタートした女性ランナーばかりです。追い越されるたびに後ろについてスピードアップして、それを繰り返してキロ6分半くらいで走れました。こんなタイムでも60歳以上143名中85位でした。
 さっさと着替えして駅に向かって歩いている時にNOBUさんからのメールがあって6時から打ち上げをすることになりました。重かった足が多少は軽くなりました。
 今年はカメラを持っていくのを忘れたので昨年の快晴のレースの写真です。今年はどんより曇って時々霧雨がぱらつきました。
 003_20121124095943.jpg

 
  

続老人会

 昨日の朝スイムは起きると間に合わない時間でした。ショウユが起こしてくれなかったのです。あるいは、ショウユは酔っ払いを起こすのは可哀そうと思ったか。会社で時間を過ごし、夕方になって取引先の女性営業社員が転属になるというのでお別れの飲み会をしました。ブチョウさんと3名でした。この女性は、アラサーくらいなのでしょうが、学生の頃から麻雀にのめり込んでプロの雀士になりたかったという変わり種です。千鳥足で帰宅しました。
 今朝はスイムに行きました。週2回のスクールと自主練1回をノルマにしています。ノルマってロシヤ語のはずです。例の如く、いろいろなキック10分、いろいろなドリル10分などがあっていい加減に泳ぎ、メインメニューは400☓3では頑張ったのですが、上級は4コメ(4泳法100☓4)☓4か5だったはず。今日のEコースは私ひとりでした。
 12時には西荻窪の「こけし屋」に入りました。高校山岳部OB会のなかの老人会の喜寿の祝いでした。81歳から68歳までの29名が集まりました。喜寿のメンバーは7名でした。いろいろな老人会があるのですが、会社関係の老人会の話題はどうも面白くありません。昔の仕事の話なんて面白いはずはありません。山登りにのめり込んだことがあるメンバーとの会話は、大分生き生きとしています。どこそこの岸壁で落ちたとか。同窓会も小中高あたりのだと数年に一回も会えば十分な内容の会話しか成り立たないのですが、学生の頃の連中とはいろいろ生々しい思い出があるのであまり退屈しません。結論としては、過去の人たちと会うことが楽しいこともあるのですが、最も大事なのは現在の友達との会話です。
 001_20121128225149.jpg     002_20121128225156.jpg

オイスターバー

 昨日は朝スイムに行って、家でたいしたことをしないまま時間が過ぎて夕方近くなってランに出ました。7kmのジョグ。2kmだけは23日のハーフのことを考えてペースアップ。今年1月のハーフは2時間6分だったのですが、現在のスピードから考えると無理になっているようです。
 夜は4人組の誕生日会でした。誕生日の人が予約したのは下北沢のオイスターバーでした。日本では居酒屋で生がきをたまには食べますがオイスターバーに入ったのは初めてだと思います。コースメニューでひとりに生がき3種類各1ヶ、焼きがきが2種類で各1ヶ、バゲットとバター、生ハムサラダ、ピザとパスタ、デザートでした。居酒屋だとポン酢かレモンだけですが、ワインビネガー、チリソース、ホースラディシュ、トマトソースなどがあって迷ってしまいます。生がきは本当に美味しかった。飲み放題付きで4300円は安いか高いか。
 002_20121121223040.jpg003_20121121223047.jpg004_20121121223054.jpg005_20121121223101.jpg
 

老人会

 昨日は前の前の会社の老人会でした。6名。83歳の最長老が杖を使わないで歩いて登場しました。ひざが痛いとかで今年の初めころは松葉杖を両側に使っていたこともあったのです。「治ったのですか」「いや、治したんだよ」 松葉杖をついていて気付いたのは足が衰えていくこと、だったそうです。そこで、まず杖を片側だけにして痛くても我慢して歩いたそうです。そのうちに普通の杖で歩けるようになって、今は杖なしです。この間数か月。今は午前と午後にそれぞれ4千歩くらい歩いているそうです。私たちの故障も「いたわり過ぎて」いては治らない、多少の無理は必要ということかもしれません。
 沢木耕太郎のエッセイのホントのようなウソの話の中にでてくるのですが「氷が解けたら何になりますか」と「氷は解けたら何になりますか」の違いを書き分けていました。もちろん答えは「水」です。ところがある女性タレントが書いていたことは、先生は「氷が解けたら何になりますか」と質問して自分の娘が「春」と答えたところ先生が☓にしたのはおかしいとクレームをつけていたのです。沢木耕太郎はこの話にはウソがあるとして、先生は「氷は解けたら何になりますか」と質問したはずで、女性タレントが話を創ったのだとしています。それに付け加えて「こんな娘にしたくない」と書いていました。ここでは内容を簡略化して紹介していますが、もっと展開して書かれています。
 今朝は4時7分過ぎにショウユに手を軽くひっかかれて目を覚まされました。「まだ眠い」と手を布団のなかに引っ込めたのですが、次は顔をひっかきます。仕方ありません。起きてトイレ、体重計に乗って、フリースを着て、ヒーターのスイッチを入れてから、ショウユに固形の餌と缶詰の餌をあげます。朝スイムに出かけるまでに1時間くらいあるのでヒーターの前でひっくり返って二度寝です。もちろん、目覚まし時計をセットします。5時半過ぎに家を出るのですが、真っ暗、手袋をした手が冷たい。片道20分のままちゃりです。スクールでは落ちこぼれに徹していて、ドリルとか苦手種目のときは手抜きして、クロールの時だけは必死に頑張っています。

「ひまわり」

 昨日は、長い一日が終わって家に帰ろうとしていると居酒屋に呼び出されて映画「ひまわり」の話になりました。ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤン二の映画です。そのなかで、瀕死の男性を助けたロシヤの女性を演じたのが女優ナターシャ・ベルチンスカヤということになりました。実際は別の女優だったことを調べて知りましたが、ベルチンスカヤという女優は映画「ハムレット」のオフェリヤにしびれてしまって以来大ファンです。次の話題は「ドクトル・ジバゴ」でした。ソ連時代は発禁書でした。
 土曜日は9時半頃から走り始めました。天気予報では12時からとか15時から雨になっていました。途中で雨が降りだせば距離が短くできると不純な思いもありました。多摩湖自転車道の0km地点までの2kmのアップ。そこからキロ7分半、キロ7分くらいになって自然にスピードがあがるのを待ちながら走っていました。が、駄目でした。20キロを目標として、途中の数キロはレーススピードを目論んでいたのです。8km地点で折り返してから、霧雨が降っていたところもありましたが無事に帰宅できました。20kmでした。
 帰宅してからひと休みしてジムに行きました。筋トレ、エアロバイク、バランス運動、ストレッチ。エアロバイクは軽めの負荷でランからのリカバリーが目的です。
 「吹き溜まり」に寄ったのですが、この店にはひとりでカウンターで飲む数名の女性の常連客がいます。さすがに若い女性はいないのですが、いわゆる「おばさん」です。昨日のひとは先生かなあ、と思ったら介護の仕事をしている女性でした。
 日曜日は8時半に家を出てバイクに行きました。五日市の先のほうにある藤原往復112kmでした。エアロバイクの練習で負荷をかけて何とか千切れないようになりたいと思っています。15時過ぎに帰宅してひと休み後にランに出ました。5kmのジョグ。
 17時半から中華料理屋で宴会。その後、銭湯に寄って出ようとしているところに奥様から電話があって友人の夫妻と飲んでいるから合流するように強要されました。この席で「ひまわり」などの話題が出ました。

ラン練習日

 木曜日はチームのラン練習日です。5名集まったのですが、これで現役フルメンバーです。とはいっても、ばらばらに走りだして途中ですれ違うだけです。早めにスタートしたので1kmはフォーム作りのウォーキング、7kmあたりで足が重くなってきたので7.5kmで折り返しました。このところ意識しているフォームが多少は身についてきたようです。恰好よく走っていれば遅くても速く見える、なんてことはないでしょうね。
 「サイゼリヤ」に集まって生ビールのあとワインを2L。おまけに誰かさんがこっそり持ち込んだ「ボジョレヌーボ」(パック入りで山に持っていくのに便利そう)をこっそりとデカンターに移して飲みました。高級ヌーボならいざ知らず安いヌーボは美味しいとは言えません。
 今日は出勤日でしたが、特に書くようなこともなく過ぎました。

初フル

 初フルは1982年(?)の河口湖マラソンでした。マラソンとトライアスロンのレースの記録がきちんと残っているのは1989年からです。ワープロを買った年です。それ以前の記録は1989年から書き始めた完走記のなかの過去の思い出として書かれているものを拾い出しています。
 1977年に会社がスポーツクラブに入会したところから、すべては始まりました。ジムのなかの1周120mのコースを10周もすれば大喜びだった時代です。1980年になって青梅10kmが初マラソンでした。その2年後が初フルだったのです。記録は4時間43分?秒でした。今から30年前ですから今より若かったのですが、もう中年でした。初トライアスロンは地元の小さな大会(0.5-30-10)で1987年でしたが、本当の大会に出場したの1988年の小豆島オリーブトライスロン(1.5-40-10)でした。
 昨日の朝スイムには佐藤優香選手(今回のオリンピックには選ばれなかったが次回の最有力候補)がトライアスロンのスイムの主流になりつつある180度泳法(キャッチアップとは逆の泳法で、右手と左手は絶えず180度の位置で動かす)を見せてくれました。その後、泳いでいると河原勇人コーチが私のお腹を持ち上げて「腰を上に」と言われました。理想と現実のギャップにがっくり。2kmくらいは泳ぎました。
 夜はジムでエアロバイク50分、筋トレ、トレッドミル30分、ストレッチ。「親父ギャグ」の居酒屋で最終バスまでの30分間だけ飲みました。ホッピー3杯、煮込み(小)とオニオンスライスだけです。
 

 今朝も怠けないで朝スイムに行きました。コーチは日曜日の日本選手権女子の部で9位になった選手です。落ちこぼれの私への今日のアドバイスは「肩甲骨を使って腕を回しましょう」でした。さすがに優秀なコーチ、それに付け加えて「以前より、腕のかく位置が良くなりましたね」とおだてることを忘れません。200mだか250mだかのキックから始まったのですが150mくらいで怠けていました。それでも2.2kmくらいは泳ぎました。
 出勤日ではないのですが、台湾の代理店の社長が訪日するので夕方からアテンドしました。羽田から吉祥寺へのリムジンバスで到着するまでに時間があったので本屋をのぞきました。見つけたのはこの2冊です。
 51mTiLYbI0L._SL500_AA300_[1]     51bjrYGw7wL._SL500_AA300_[1]
 昔、かなり昔ですが、スパイ小説に読み耽って(はまって)いたことがあります。ジョン・ル・カレの「寒い国から帰ってきたスパイ」(私が持っているのは1964年刊)ほかを夢中になって読みました。まだ作家活動をしているとは知りませんでした。調べたら1931年生まれでした。ついでですが、当時大好きだったスパイ小説の作家にレン・デイトンがいます。「ベルリンの葬送」(私が持っているのは1967年刊)など。この本を買おうかどうしようかと迷ったのですが文庫になるまで待つことにしました。しかし、このような本が文庫になるのは大分先のことだと思います。
 002_20121113212128.jpg     003_20121113212134.jpg
 バルガス・リョサ、2010年のノーベル賞作家、は「緑の家」文庫本で上下2冊を買ったのですが、上巻の2/3で挫折したままです。とうことで、新しくを買うのはやめました。
 夜になって、台湾の社長、我が社の社長ほかと中華料理店に入りました。フレンチっぽい中華料理でした。美味しかったかどうかより中華料理ってもっと別なものだと思っています。
 

雨模様

 昨日は18時から雨が降ることになっていました。しかし、このところ数回のバイクでは天気予報を信じて雨でびしょ濡れになりました、もうだまされないぞ。12時までには帰ってこられるルートを走りました。と書きましたが、本当のところは尾根幹線道路の上りで頑張りすぎて遠くまで行く気力がなくなって短縮しただけです。55.5km。異音がなくなったのですが安物の重いホイールを引きずりながら走っていました。
 実際に雨が降り出した時間を知らないのですが、15時過ぎからジムに入って筋トレ、エアロバイク50分、バランス運動、ストレッチ、鉄棒のぶら下がりでした。最近はエアロバイクでの負荷をあげています。外を走ることよりつらくて短時間での達成感があるのです。ジムから外に出ると雨が降っていました。
 それから今日のお楽しみイベント、阿佐ヶ谷のビール道場での飲み会でした。ちょこランさんの地元に7名が集まりました。月替わりの地ビールが2種類、ひとつは普通のドイツビール風、もうひとつは発酵が進んでいない?甘いビール。食べ放題のつまみもあったりして「しゃれた」店でした。もちろん地ビールの店はそれなりの負担が強いられます。この店でのお勧めは割安のギネスです。二次会の「四文屋」はパスして帰りました。
 001_20121112224803.jpg
 ブルーマンディの今日ですが、パートタイマーにとっては「今日は仕事だ」と張り切って出社するほどではないにしてもブルーということもありません。今の売り込みの対象はフィリッピンの会社です。フィリッピンの「明るさ」は魅力的です。夜になってスイムの練習で1.2kmだけ泳ぎました。「キャッチアップ、2ビート」の練習もしました。
 

疲れた?

 結局は2週ともに木、金の朝練は出来ませんでした。朝スイムにはなんとか週2回は通ってはいます。「やる気」と疲労度は相関関係にあるとは思いますが、もっと追い込まれて来れば「やる気」になるかもしれません。
 今日はヤッソ800の予定でしたがトラックが使用不可になっていました。小金井公園を走ることにして家を出たのですが「やる気」はあったのですが足が重くて往生しました。この時の疲労度が練習をやめるべき程度かどうかは分からないのです。昔は「頑張りがきいたけど今は無理だ」なんてよく言われますが、本当のところは分からないのです。昔はトライアスロンをやっていなかったし、トライアスロンを始めた頃の練習量は今より大分少なかったので比較のしようがないのです。公園まで3kmのアップ、5kmを2周して、ダウン3kmでした。1周目はかなり速く、2周目はそれよりちょっと遅いくらいで走りました。これで故障すればオーバーロードだし、そうでなければ適正な練習量、あるいは気分が負けて少な過ぎる練習量だったのでしょう。
 金曜日は、夜になってプールで1.5km、ジムでエアロバイク40分とストレッチでした。相も変わらず帰りのバスを待つ20分間にビール大瓶、かまぼこ、あじの開きを賞味しました。
 今日の午後はロシヤ語でした。帰りに「いせや」の前を通るとカウンターにすき間があったのでチュウハイ3杯と焼き鳥4本1260円コースでした。「いせや」の前では寄らないでジムに行こうかと少しは逡巡しました。練習に行かなかったのは疲労度とやる気のどちらが原因だったのでしょうか。
 004_20121110212959.jpg     003_20121110212953.jpg     002_20121110212945.jpg
 ショウユは呑気なもんです。

バイクの異音

 今日は出勤日ではありません。昼過ぎになってバイクの調整をしました。まず、スプロケットを9段から10段に替えた安物の後輪と事故車からもらった高級な前輪を組んでバイクに乗りました。ホイールによってリムの幅などが違うので調整が必要になります。ブレーキシューがリムに当たってシューっと音が出るのでシューの位置を変えました。それでも不十分でワイヤーの調整が必要になりました。試乗しているうちに気づいたのですが何か月も悩まされていた異音が消えているのです。ということは異音の原因は後輪にあったのです。
 異音が出始めたころバイクショップで後輪のハブにガタがあると調整してもらったり、ホイールのアライメントなども見てもらったのですが異音は消えなかったのです。とにかく帰宅して、その異常のあるホイールを出してきてハブを増し締めして、スプロケットを一旦外して組みなおしました。これで正常になったかはかなり疑問ですが、そのうちに試乗してみます。おまけに調整中に立ててあったバイクが横倒しになったときにブレーキブラケットが内側に曲がったので直しました。以前とは締めているボルトの位置が変わっていました。
 001_20121108223229.jpg     004_20121108223243.jpg     003_20121108223236.jpg
 夜はチームのラン練習日だったのですが走ったのはふたりです。4.5km走ったあたりでハンガ-ノックになって歩き出して、自販機でジュースを買って落ち着かせてから走って10kmでした。疲れているのかなあ。
 昨日は朝スイムから始まりました。ほとんどのドリルが苦手です。だから遅いのでしょうが、ドリルが出来るようになるための練習はあまりしたくありません。昨日の歯が立たなかったドリルはプルブイを足に挟んで片足を膝から曲げて水面の上に帆柱のように立ててのクロールでした。「腹圧」を入れなさいと指導されるのですが、ただでさえ腰から下が沈んでしまうのですから、こんなドリルができるはずもないのです。でも、このドリルの練習はしません。自然に出来るようになることを待つことにします。2kmくらいは泳ぎました。
 昨日の会社帰りにジムでエアロバイク43分22km、ストレッチ。それからチームの月一回のミーテイングでした。日頃集まらないメンバーも集まって年末の行事の日程などを決めました。二次会は例の如くコンビニ前でわいわいがやがやと飲みました。
 

この写真?

 laika.jpg
 このブログを読んでいただいている大部分のひとが生まれる前のことです。55年前、このライカ犬は宇宙に行ったのです。ネットでロシヤの新聞を時々眺めているのですが、そこで見つけた写真です。
 昨日は出勤日で夜はスイム練習の日だったのですが、会社のひとと阿佐ヶ谷で飲みながら仕事の話が半分くらい。
 今朝は霧雨の中、朝スイムに行きました。2.2kmくらいは泳いだのですが、同じコースの人たちより200mくらいは短かった。まず、キックでは手抜きというか「できない」ので短縮授業。メインメニューの100x12では、途中にドリルとかバタフライが入るのでサークルが回せなくなって休憩。
 夜は、多摩湖自転車道を10km走りました。途中の2kmだけはレーススピードのキロ6分で走りました。

「街場の文体論」

 大分以前ですがこの本の紹介をしました。こんなに刺激的な本は珍しいのです。「文は体を表す」なんて言われるようですが、文体論が生き方に結びついてくるのです。例えば、人間の赤ちゃんが鏡に写った自分がなぜ自分だと分かるのでしょうか。サルは鏡の後ろに回って別のサルがいないことを確認すれば終わりだそうです。鏡に写った自分を自分だと認識することがサルと人間を分けて、人間では子供と大人を分ける基準なのです。自分を含めて鳥瞰的に物事を見られることが大人の証拠、だなんて書いてあります。 

今日もくたびれた

 昨日の遊びのような練習でしたが30kmは長いのです。今日は5名でバイクに行きました。みんなのペースについていくことがつらくて途中で帰りたくなりました。この週は朝練を2日間さぼりましたが、多少は埋め合わせをすしました。まだ慣れていないので疲れが残っているのでしょう。五日市から甲武トンネル、上野原、大垂水の124kmでした。紅葉狩りが目的だったのですが早すぎました。甲武トンネルから上野原に下るコースの前半はテクニックが必要です。狭い林道で急カーブが続くのです。たまにですが正面から自動車がくればパニックです。今日も苦手の左ヘアピンカーブで反対車線に飛び出てしまいました。こんな時はブレーキだけで止まろうとしても無理です。ハンドル操作も必要です。あ~、怖かった。
 15時半頃帰宅して、ひと休みしてからジムで筋トレとストレッチでした。筋トレではいつもの負荷だったのですが下半身はもちろんですが、上半身もつらかった。バイクでは上半身も目一杯使っているのです。途中のコンビニ休憩が3回。なにを食べて飲んだか書きたいのですが、思い出すのに時間が掛かりそうなので割愛します。

ベース作り

 奥多摩へトレイルランに行こうとしたのですが、トレランシューズの靴底の前の方がはがれて接着剤でくっつけたことを思い出しました。近所ならともかく奥多摩の山で靴底がはがれたら遭難はしないでしょうが大変なのでやめました。
 10時になって家を出て10分歩いてのろのろと走り出しました。目的地は是政から尾根幹線道路です。今日のルールは走っても歩いてもいいので4~5時間労働をしよう、でした。道も普段通らないところを探索したりしながら走り歩きました。是政まで遠回りしたので12kmくらい、そこから東公園まで6kmは比較的真面目に走って「横山のみち」にはいりました。
 001_20121103224542.jpg
 途中で左折して黒川地域に行きました。山間の村のようなところです。
 003_20121103224555.jpg     004_20121103224603.jpg
 帰ろうと別の道には入ったら農家があって行き止まりだったりしながら「横山のみち」になんとかたどり着いてからは「稲城の温泉」を目指して走りました。いや、歩きました。家を出てからトイレでコンビニなどに4回寄って、そのうちの1ヶ所では助六ずしの昼食。温泉の直前のコンビニでビールのロング缶と酢いかを買って歩きながら飲んで温泉到着。30kmくらいにはなったでしょう。辛みそつけ麺とビールです。
 005_20121103224610.jpg
 ベース作りと称して遊んでいます。こんな練習?に慣れてしまうとは歯をくいしばっての練習なんてできなくなりそうです。今月23日の多摩川ハーフマラソンではそれなりの記録を出そうとは目論んでいるのですが・・・。
 

埋め合わせ

 新週間メニューでは木曜と金曜は朝練をすることにしたのですが、昨日今日と実行できていません。その埋め合わせに今夜、ジムでスイム1.5kmとエアロバイク40分とストレッチをしました。嫌々取り組んだのですが、終わってみれば達成感で満足。21:59の最終バスまでに25分あったので、バス停前の立ち飲み屋で瓶ビール、かまぼこ、さわらの照り焼き1330円で更に満足。
 今日は忙しかった。朝10時から新橋のホテルのロビーでマレーシヤから出張で来ている女性と商談。この女性は関西に5年半いたそうで関西弁です。英語と日本語のちゃんぽんの会話でした。ホテルからの眺めです。
 001_20121102233816.jpg
 それから新橋の行列ができるラーメン屋で昼食。相方はブチョウさんです。塩と白醤油のラーメンだけです。ブチョウさんが白醤油、私が塩を選んでお互いにスープを試したのですが違いはほとんどわかりませんでした。まあ、このふたりは、近所の蕎麦屋からの出前では醤油で真っ黒なラーメンとライス(半ライスではありません)で満足しているのですから繊細な味の違いなんて分かるはずもありません。
 002_20121102233824.jpg
 有明のビッグサイトでの工作機械展を見に行きました。ざっと見ただけですがくたびれます。4時頃会社に戻って来週月曜に出荷する輸出貨物の書類作成やら流通業者への手配などをしてからジムに行ったのです。
 004_20121102233831.jpg

 

11月

 ようやくレースに追われないで定番の週間メニューをこなせるようになってきました。来年2月24日の東京マラソンまでにハーフがふたつ、クラブ主催のつるつる温泉ランとか駅伝がありますが、どれも週間メニューを変えてまで調整する必要はありません。すなわち練習三昧の日々が続くのです。
 昨日は朝スイム1.9km、夜はジムでエアロバイク45分、筋トレとストレッチでした。10月の記録です。ランはちばアクアラインマラソンの前後1週間くらいはあまり走っていないので距離が伸びていません。バイクは、やはりマラソンで1回、雨で1回抜けているので短くなっています。
  スイム: 21km
  バイク:349km(含む、エアロバイク81km)
  ラ ン:154km(含む、クロスマシン6km)
 今日の午後は、新調したバイクと一緒に購入したホイール(中級品)を練習に使うことがもったいなくなったので、少なくともタイヤはすり減る、前のバイクで使っていたホイールを活用することにしました。ところが、以前のホイールには9段のスプロケット(後ろのギアのこと)なのですが、新しいホイールは10段です。取りあえず、古いホイールのスプロケットを外そうと試みました。一応の工具を持っているので成功しました。通販で一番安い10段のスプロケットを注文しました。送料込みで3200円くらいでした。
 001_20121101231541.jpg
 夜は、なんとか12km走りました。2kmまでがつらくて、3kmで走れるようになって、6kmで足が重くなってUターンしました。予定は16kmでした。
 
 
 
 
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。