スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとはなしに3種目

 在宅日で2、3の電話とかメールがありましたが、午後になって天気予報が15時から雨になっていたので、14時から走り出しました。4km走ったあたりで霧雨が、もう1km行くかどうかで迷いました。たまには困難な道、普通は安易な道を選んでいるのですが、今日は普通の日でした。往復で8km。わずかづつですが走ることに慣れてきたようです。
 今日は10kmのつもりだったので2km不足の埋め合わせにA&Aに早めに入ってエアロバイクを50分。そのあとスクールのストレッチなど。
 スイムスクールは初心者講習があって、自動的にそのクラスに入りました。もう初心者ではありません。ボディポジションの確認だったのですが、プールの底に5、6枚のアルミの鏡を置いて「ガマの油」状態で自分のフォームを見るのでした。まず、腕が肩の前に真っ直ぐ伸びているか、それからの腕の軌跡が外に逃げていないか、腰のローリングが適度か、ストップモーションをして腕が伸びる時にキックをしているか、などなど。コーチから指摘されたのは「肩甲骨が固まっていて小さな泳ぎになっている」でした。股関節も開かないし肩甲骨も硬いのは加齢現象だと開き直りません。
 今日は、ラン-バイク-スイムの逆トライアスロンでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

完全休養日

 いい加減な練習をしている日はたくさんありますが、今日のように完全休養日は1月26、27、28日以来です。休養日の夕方にはあちこちが痛くなってきます。きっと、明日はリフレッシュできてランも軽々と走れるでしょう。
 練習がないと行くところがありません。誰もが忙しいのでしょうから「飲み」に誘うのも気が引けます。「吹き溜まり」は月曜日は休みなので「親父ギャグ」に寄りました。19時過ぎに帰宅したら「病気なの?」と奥さまに言われました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

1月の記録

 1月の記録です。
  スイム: 15.6km 自主練とケンズの夜スイム5回、朝スイム!1回でした。
  バイク: 454km(含む、エアロバイク115km)  寒くて外乗りの100km
        以上は嫌です。
  ラ ン: 136km(含む、トレッドミル18.5km)
        元旦の17.5kmウォークから始まって、ようやく10数キロ
        あたりまで走れるようになってきたところです。
 2月にどこまで伸ばせるかが課題になります。
 昨晩は横浜鉄人クラブのいわっさんをコーチに迎えてスイム講習会でした。若くない女性?3名がワンポイントレッスンを受けました。私は、野次馬でしたが、レッスンが始まる前に600m泳いでいたんで計1kmくらいは泳いだかもしれません。いわっさんはローリングが少ないほうです。夜スイムの脇坂コーチはローリングを強調します。ひと頃は、大きなローリングはNGとされていました。どちらが自分にあっているかを自分で試して決める必要がありますが、今のところはローリングを大きくする方向で練習しています。ローリングを大きくすると身体が沈むといわれますが、トライアスロンではウエットスーツを着るので身体が沈むことを問題にする必要はないでしょう。トライアスリートの多く?はプールではいつもプルブイを使って練習しています。
 5名での打ち上げはいつもとメンバーが違うので話がはずみました。残念ながら?いわっさんはお茶を飲んでいました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
 

プレデビュー戦

 昨日のブログにアップした小豆島のデビュー戦の前の年に、小さなトライアスロン大会に出場しています。その時のことを書いた部分もアップしておきます。

初めての経験
 もちろん、トライアスロンの経験のことですが、それは1987年のことでした。ある満月の夜ではなかったのですが、吉祥寺の西武スポーツの自転車ショップに多摩ミニトライアスロンの参加募集が出ているのを見つけて申し込みました。スイムは室内プールで400m、バイク31km、ラン11km、参加者50名でした。その当時は、ランはともかく、スイムとバイクは今よりかなりひどいレベルだったものですから、申し込むにもかなりの勇気が必要でした。なんでも初めては勇気がいるものです。
 スイムは25mプールにコースローブをはり2名同時に第一コースから5秒毎にスタートしコースの端まで泳ぎ着くとコースロープの下をくぐって隣のコースに移り戻って来るというようにジグザグに泳ぎ、プールの端まで行き着くとプールサイドにあがり手首に輪ゴムをかけてもらってスタート地点に戻って第一コースから泳ぎ続けるというわけで、途中プールサイドを歩いている間に抜かれたりするのでした。
 バイクはアップダウンのきつい団地のなかを5km×6周、ただし赤信号では止まらなくてはなりません。下りの長い坂の途中に信号があって、これが赤の時は大変でして全員が急ブレーキをかけ止まらなければなりません。このレースでは、古いサイクリング車にジョギングシューズで乗っている太いふくらはぎのおじさんが私を追い抜いていったことが印象的でした。もっとも、私の自転車にしてもWOタイヤのロードレーサー風だけの5万円バイクでペダルにはハーフクリップをつけただけで固定してありません。このレースのために買ったウールのジャージーを着ていました。
 ランもバイクと同じコースを2周するもので、これはなんとか無難にこなして順位は22位くらいでした。このコースは多摩丘陵にある団地のなかで、今でも練習に使っています。小田急線の聖蹟桜ケ丘の近くです。

 この時の胸の高鳴りが懐かしいです。これから初トライアスロンに挑戦する人たちがうらやましいくらいです。今日は会社の飲み会で練習はしませんでした。「悪魔のささやき」に負けたのかも?

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

トライアスロンデビュー戦

 1990年に書いた「トライアスロン事始め」と言う雑文のデビュー戦の部分を抜粋しました。48歳でした。

 大会1ケ月も前からスイムで死ぬのではないか、50分の制限時間にはいれないのではないかと大騒ぎして出場した1988年小豆島大会のことです。この不安は、大会前日、初めて着たウエットスーツで海にぽっかりと浮いていられることを発見して大分解消されたものでした。
 スイムは小豆島=二十四の瞳=きれいな海のはずの土庄港で行われたのですが、実際には透明度1~2メートルというきたない海の中で相手の見えないプロレスを強いられました。
 バイクはアップダウンが楽しい?10kmのコースを4周です。登りの苦しさはあたりまえとして、下りのスリルに痺れたのです。昔、草大会に出ていたスキーの大回転のレースを思い出しながらの身のこなしでS字コーナーをクリア、下りでは誰にも抜かれませんでした。スリルとスピードの世界でした。
 ランはバイクで痺れた足をだましだましのスロウ&ステディ、ランの得意そうなおばさんにくっついて走りました。ゴールではおばさんが涙をながし、おじさんはビールを捜し求めてうろうろ。それでも、ゴールではやっぱり「やったー」と感激しました。
 このトライアスロンでは、割り当てられた民宿に東京近辺からの参加者が7、8人集められ、初トライアスロンは私だけということで、随分いろいろなことを教えてもらぃました。名刺交換などをして後日の再会を約したのですが、都会に戻つてから海や山で会った人達と会うことないという統計的事実のとおり、まだ、再会していません。
 記録は3時間7分位で順位はビリから100番程度、トライアスロンに憧れただけで練習をほとんどやらないで参加した若い連中には負けなかったとは思っていますが、今年も参加しようと申し込んだところ没にされました。記録が悪すぎたようです。

 今日は娘夫婦の孫の1歳の誕生祝でした。まだつかまり立ちしかできないのですが、1升餅を背負わせました。なにをやらされているか分からないのでしょうが泣いたりはしませんでした。
 004_201501112108581b7.jpg     010_20150111210900abf.jpg     008_20150111210859bb0.jpg
 お祝いの鯛と離乳食のお膳がでました。
 014_20150111210903f96.jpg     012_201501112109024d0.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
プロフィール

kanreki

Author:kanreki
偶然が重なって出場できたアイアンマン・ハワイのゴールです。いつの日にか帰りたいのですが・・・。1940年(昭和15年)生まれです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
何km走ったかな?

リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。